語学留学

シニア留学のアイキャッチ

海外で出ることのメリットはたくさん!英語力だけでなく一生のかけがえのない経験を手に入れよう!

今や世界中の情報はインターネットで簡単に入手することができますが、体験からはその100倍ものことが学べます。一生のかけがえのない経験になりますし、将来のキャリアへのヒントを見つけることもできるでしょう。さらにその時しか出会えないファミリーや友達と国籍を超えてコミュニケーションする楽しさを実感できます。積極的な姿勢と度胸、困難も乗り越えるたくましい精神力など留学を通して得られるものは英語力にとどまりません。また一度日本を外から見ることで日本の良さに気づくこともあります。

語学留学の魅力とは?

「語学の習得」を目的として集中して学習できる!

海外で英語を学び日常生活を送ることは効率的に英語力を向上できる理想の環境です。語学学校では1日4,5時間(フィリピンの場合は7~10 時間)の授業を受けるので集中して総合的に英語を学び、アクティビティでさらに英語を使い、ホームステイでファミリーとの時間を過ごすようにすればいつでも英語に触れることができます。

憧れの国で海外生活を体験できる!

今や留学は多彩な国、都市から選択可能です。北米、ヨーロッパ、オセアニア、アジアと語学を学べる地域はたくさんあります。6ヶ月~1年の長期留学なら2,3都市を組み合わせることでより一層その国を大きく捉えることができ興味深いものになります。

1 週間の短期留学から 1 年以上の長期留学まで目的に合わせてプランできる!

学生、社会人、シニア世代と立場によって留学目的や期間も様々です。語学学校へ通うのが一般的ですが、ホームステイ先で語学を学び一緒に暮らす“教師宅ホームステイ”も人気があります。カウンセリングでは皆様のお話をしっかりとお伺いし、ご希望に沿うような留学プランをご提案させていただきます。

語学留学のメリット

1. 自分のレベルに合ったクラスからスタート!

語学学校では入学試験はなく英語のレベルチェックテストのみになります。レベルはビギナーから上級者まで 7~8段階に分かれており、一つのレベルを約2ヶ月で修了できるようなカリキュラムが組まれていますが、途中に確認テストもありますので、理解を深めながら進んでいくように工夫されています。

2. 英語のスキルをバランスよく学べる!

学校初日に行われるレベルチェックテストは文法、語彙、表現、リスニング、スピーキング、ライティングを網羅しており、これらの平均値のレベルでスタートになります。中には各スキルに合ったレベルで学べる学校もあります。日本で学習するだけでは特にスピーキングやライティングに伸び悩みますが、英語環境に身を置くことで必要に迫られて英語を使うので、効率よく実践的に英語力を伸ばせるようになります。

3. 日本にいるだけでは知り合えない人々と友達になれる!

語学学校には英語を母国語としない国の学生が世界中から集まります。とてもインターナショナルな環境で学ぶので誰とでも友達になることができ、各国の文化や伝統・習慣に触れる機会もあります。日本にいてはなかなかできないことですね。実際留学された多くの方が“留学で得られたもの“として「さまざまな国の人たちと出会い、その文化を知れたこと」と言われています。世界のニュースも身近に感じられるようになります。

英語力はどのくらいで伸びるの?

一般的に現地の言葉が耳に馴染んでくるのは、毎日英語を使う生活を続けて3ヶ月ほどしてからと言われています。それから頭の中で日本語に訳さず、そのまま聞き取った言葉で会話ができるようになるのは6ヶ月ほどかかります。さらに日常会話の枠を超えて幅広い話題についても対応できるようになり、ナチュラルに自己表現が出来るようになるには1年ほどかかるといわれています。

もちろん個人差はありますが、日本出発前の準備が大切です。留学を考え始めたら英語検定にチャレンジしてみる、英語で日記をつけてみる、英語ラジオやTVで繰り返し聴き続けるなど、たとえ30分でもいいので毎日英語に関わる何かを継続することが重要です。語学習得にある程度の成果を期待されるなら、なるべく長期間で内容の充実した留学ができるように計画してゆきましょう。

“積極性と行動力”を味方につけ今こそ夢の実現に向けて一歩踏み出しましょう!

語学留学の種類

短期留学(春・夏休み)

2 週間~2ヶ月/春・夏休みを有効活用!

  • 短期間で気軽にお試し留学
  • ホームステイで海外生活を体験
  • 多国籍な学生と知り合い友達を作る

初めての留学でも短期なら比較的簡単にチャレンジできます。まずは英語でのコミュニケーションに慣れましょう。多国籍の友達と知り合い学校生活も楽しくなれば英語をどんどん使ってみたくなります。ホームステイ滞在ではファミリーの一員になることで現地の文化・言葉・習慣を直に学べるチャンスです!

< 帰国後 >

英語に取り組む意識が変わる!長期留学も視野に入れてこれからの進路を考えられるようになります。

長期留学(半年~1 年間)

英語漬け環境で徹底的に英語力向上を目指す!

  • 英語力が一定レベル以上に達すれば一般英語以外の コースの受講が可能
  • TOEIC/TOEFL/IELTS/ケンブリッジ検定などの試験 対策やビジネス英語も選択可能
  • 専門英語やインターンシップ・ボランティアにチャ レンジ

英語環境での生活が長くなれば英語でのコミュニケーションはもちろん、多国籍の人々との出会いから人脈も世界に羽ばたく可能性も広がります。

< 帰国後 >

英語力に自信をつけ専門スキルを習得すれば、就職活動でも大いにアピールできます。”私はこういうことが得意です”と言える自分だけの強みを作ろう!

教師宅ホームステイ

ホームステイ先でマンツーマンレッスン!

短期間でも大満足!いろんな都市から選べます。教師経験が豊富な先生なので安心!趣味やお稽古、観光などを組み合わせることも可能です!例えば、お料理、お菓子作り、ガーデニング、テニス、ゴルフ、音楽、市内観光ツアー、季節のイベント(ハロウィン、クリスマス etc)など、たとえ 1 週間でもやりたいことをギュッと凝縮した、旅行では味わえない現地の人々との交流体験が待っています!スケジュールも先生と相談して決められますので例えば、“授業は 4 日間にして、週末に小旅行に出かけたい”ということも可能です。滞在先は郊外が中心ですが、ほとんどの場合が公共の交通機関を使って1時間以内で中心地まで出られます。普段は静かな郊外で過ごし、午後や週末は小旅行気分で街まで繰り出すのも楽しいですよ♪ファミリーと都合が合えば一緒にお散歩やお出かけするのもいい思い出になります。

英語プラスα

趣味を楽しみたい方/英語で専門分野を学びたい方!

大きく分けて 2 つの種類があります。

1. 『趣味を楽しむプログラム』

英語レッスンと同時にスポーツやカルチャーレッスン も体験!海外で学べる習い事は多岐にわたります。本場でチャレンジすることはより一層経験も知識の幅もと広げてくれます。英語は初級レベルから受講可能なものが多く、1~4 週間程度の短期留学でも参加できるものがありますので、ご興味のある方は気軽にチャレンジしていただけます。

2. 『グローバル人材を目指す人向けのプログラム』

専門分野を学び将来への足掛かりを築く!グローバル化が急速に進む現代では英語はもちろんのこと、プラスの専門知識や実践的なコミュニケーション力が備わっていることが期待されています。専門留学は将来のことを考えるきっかけとなり、大学生の方は卒業後の進路について、社会人の方はキャリアアップや転職に繋げるなど、様々な角度から自分自身と向き合うことになります。未来の自分に合った専門分野に是非チャレンジしてみましょう!

留学先はどうやって決めるの?

留学先を決めるのはいろいろな方法があります。

1. 住んでみたい環境で選ぶ

どのような環境で留学生活を送りたいですか?自分が住みたい街や雰囲気をイメージしてみましょう。

大都会or小さな街、ビーチの近くor山の風景が好き、こじんまりした街で散策を楽しみたいor自然に囲まれたエリアに住みたい、憧れの地や訪れたい観光スポット、世界遺産がある・・せっかく行くならできるだけいろいろなところに足を伸ばしてみたいものですね。多種多様な文化に触れられるアメリカ、一年中アクティブに過ごせる多国籍なカナダ、文化・伝統・自然が豊かな英国、広大で街ごとの雰囲気の違いが楽しいフレンドリーなオーストラリア、美しい自然とホスピタリティ溢れる優しい国ニュージーランド、7000年前の歴史と文化が融合された、ヨーロッパ屈指のリゾート地が人気のマルタ、マンツーマンでじっくり学べる、日本から一番近い英語圏フィリピン・・など具体的にその国のことを調べたりするのもまた楽しい時間になり行き先が絞りやすくなります。

2. 学びたいプログラムがある国(都市)で選ぶ

留学前から学びたい内容や目的が明確であるなら、そのスキルや専門知識、趣味を学べる国(都市)で選ぶことも一つです。例えば音楽・アート系ならニューヨーク、料理ならロンドン、モントリオール、英語教授法ならカナダ、オーストラリア、ニュージーランド、バリスタならオーストラリア、ニュージーランドなどがあります。

3. 滞在する時期の気候で選ぶ

北半球と南半球では季節が逆になります。特に短期留学の方はその国のベストシーズンを狙うと行動範囲も広がりより多くのことを満喫できます。日照時間が長くなるのも嬉しいですね。たとえば夏のカナダは朝6時ごろから夜は9時ごろまで明るいです。逆に冬になると朝の8時ごろに明るくなり夕方4時ごろには日が落ちてしまいます。

語学学校の種類や特徴は?

私立の語学学校

  • 街中の便利なロケーションに位置
  • クラスは毎週月曜日からスタートできる(学校により月 1 回の設定もあり)
  • 小規模(100 名前後)~大規模(700 名前後)まで幅広い
  • 一クラスは約10~15名
  • プログラムの種類が豊富で飽きずに勉強できる
  • アクティビティが豊富

オンキャンパスの語学学校

  • アメリカの大学キャンパス内にある私立の語学学校で研修
  • 大学内の施設も利用でき、本場のカレッジライフを体験できる
  • 都心から少し離れたエリアにある
  • クラスは毎週月曜日からスタートできる
  • 小規模(100 名前後)~中規模(300 名前後)のところが多い
  • 一クラスは約10~15名

1 年間留学する場合のサンプルスケジュール

あなたの希望に合わせてカスタマイズできます!

1ヶ月~6ヶ月目

一般英語コースで
基礎英語力UP

英語で英語を学ぶ環境に慣れる

  • 英語の4スキルをバランスよくレベルUP。選択科目で弱点強化。1レベルを約2ヶ月でクリアしてゆくカリキュラムが多い。できるだけ早く現地の英語環境に慣れるよう出発前の準備も大切。

7ヶ月~11ヶ月目

ビジネス・試験対策
専門英語・TESOLなど

英語+αを身に付ける

  • 中級レベルに到達すれば目的に合わせてメインのコースを選択できる。ビジネス英語やマナー、TOEIC・TOEFL・ケンブリッジ英検・IELTSの試験対策、インターンシップに向けての準備英語、TESOL(英語教授法)等、ホスピタリティ専門コースなど目標に向けてアプローチできる。
  • ビジネス、ホスピタリティなど専門知識を身につけることで帰国後の就職に活かす。

12ヶ月目

オプションで
インターンシップ体験

これまでの総仕上げ

  • インターンシップに参加(就労先により2~8週間)就労先は学校のアカデミックコーディネーターと相談しながら決めてゆく。現地のビジネス社会の流れを直に体験できる。
  • インターンシップに参加しない場合は引き続き専門課程を最後まで受講する。

滞在方法は何があるの?

ホームステイ

まずはホームステイ滞在がお勧め!現地の人と知り合える一番の近道。その国の文化、生活習慣、社会のルールなど様々なことを学べるチャンス。生活の中で使われる英語表現はここでしか学べません。部屋に閉じこもっていてはもったいない!恥ずかしがらずにどんどん話しかけてみましょう。その国独特の言葉も取得できれば一層現地の人と仲良くなれることも間違いなしです。大事なことはしっかりメモして聞き違いの無いようにしましょう。

学生寮

生活に慣れてきたら学生同士で生活するのも楽しいもの!様々な国からの学生と知り合え、共同生活のルールを守り、新たな環境で英語漬けになるのもいい経験です。

シェアハウス・アパートメント

さらに一歩外の世界に出て学校以外の人々と共同生活!これも良い経験になります。長期留学だと時間の余裕があるので、自分の好きな環境・条件の部屋を探して住むことができます。

留学費用ってどのくらいかかるの?

「留学したい!」と思ったら気になるのが留学費用。実際に留学にはどのくらいの予算を見ておく必要があるのでしょうか?当校ではお見積りさせていただく際、以下のような費用を含めてご案内いたします。

留学にかかる費用の内訳

  • 学校にかかる費用(入学金/登録料、授業料、教材費など)
  • 現地での滞在費(ホームステイ、寮、ルームシェア代など)
  • 現地での交通費(通学バスや電車代など)
  • 現地での食費、生活費、お小遣い、アクティビティ代など
  • 渡航先までの航空券代
  • 海外留学保険費用
  • 留学目的に合わせて査証などの手続費(パスポート、ビザ申請にかかる費用など)

現地での生活が長くなればなるほど様々なことにチャレンジしたくなってきます。出発前に想像する以上にその時にしかできないことに費やしてしまいます。そのためお小遣いに関してはある程度の余裕を持ってご準備いただくのが望ましいです。では留学費用は実際にどのくらいかかるのでしょうか?

留学スタイルと国別でみる費用の目安

一概に留学費用といっても渡航する国や都市によって費用が異なります。例えば学校や選択コース、1週間当たりの時間数により授業料も様々です。また同じ国内でも地域ごとの物価の差が影響し学費にも反映されますので、長期留学を考えるなら食費や滞在費を抑えるためにも地方都市に住むのがお勧めです!さらにフィリピンでの英語研修と欧米・オセアニアの留学を組み合わせた2か国留学も費用を抑えることができ人気があります。様々な留学プランがありますが一例を挙げて費用を見てみましょう。

パターン1. 短期留学(1 ヶ月)

カナダ・バンクーバーの語学学校に通学
(フルタイム)・ホームスティ滞在

< 内訳 >
授業料(登録料・教材費含む)CA$1,690
滞在手配料+滞在費*+空港出迎えCA$1,230
合計CA$2,920(=256,960 円)
  • ※ホームステイ:シングルルーム・1 日 3 食付
  • ※1 ポンド=¥88
  • ※上記の金額は概算です。それぞれの金額は予告なしに変更することがあります。また航空券や留学保険料、お小遣いなど、上記以外に別途かかる費用もあります。

パターン2. 長期留学(1年)

オーストラリア・メルボルンの語学学校に
通学(フルタイム)・ホームスティ滞在

< 内訳 >
授業料(登録料・教材費含む)AU$14,900
滞在手配料+滞在費*+空港出迎えAU$3,800
合計AU$18,700(=1,683,000円)
  • ※ホームステイ:シングルルーム・1日2食付
  • ※1AU$=¥90
  • ※上記の金額は概算です。それぞれの金額は予告なしに変更することがあります。また航空券や留学保険料、お小遣いなど、上記以外に別途かかる費用もあります
  • ※上記日本円はお見積り時・ご請求時のレートに伴い変動します。
  • ※その他諸費用の詳細はカウンセリング時にご案内いたします。
留学プランを探そう! カウンセリングご予約&お問い合わせはこちら English Buffet(英会話&海外留学) Tel. 075-275-5985 お問い合わせフォームへ